債務整理 カード

MENU

債務整理 クレジットカード

「債務整理をするとクレジットカードが一生作れない」
「債務整理をするとクレジットカードのブラックリストに載ってしまう」
こういう話、よく聞きますが、実際は本当なのでしょうか?

 

ちなみに・・・

 

 

債務整理を行うと、信用情報機関にその情報が登録されてしまいます。このことを通常、「ブラックリストに載る」といいますが、実際、「ブラックリスト」というものはありません。信用情報機関に登録をされる結果、借入ができなくなったり、カードが作れなくなったりするわけです。

 

「債務整理」は、手続きをした方(これからしようとする方)にとっては、借金が減少、もしくはゼロになるという、ありがたい制度です。ですが、お金を貸した方の側(この場合、クレジットカード会社)にとっては、貸したお金が返ってこないという、、大きな損失を被ってしまう制度ともいえるのです。

 

結果、クレジットカード会社からすると、「債務整理」をした方は、

 

 

・ 損失を出してくれた、2度と取引をしたくない客

 

 

と、思われるようです。
加えて、自社のカードでの債務整理ではなくても

 

 

・ 過去に「債務整理」をしたことがある客には、クレジットカードの発行はしたくない

 

 

と、カード会社が考えるのも、ごく自然なことといえます。

 

一つの事実として、「債務整理の対象になったクレジットカード会社では、一生クレジットカードを作れない可能性がきわめて高い 」ということになりますが、クレジットカード会社は1社ではありません。

 

では、他の会社のクレジットカード会社ならどうでしょうか?

 

他会社でも、過去に債務整理をした事実があれば、審査はほとんど通りません。しかし言い換えると「債務整理をした事実が知られなければ、審査が通る可能性も高くなる」ともいえます。

 

クレジット会社が債務整理の事実を調べる方法は、「個人信用情報」を調べることと、「官報」を調べることの2つです。

 

「個人信用情報」とは、カード会社、銀行、消費者金融などのお金を貸す企業が共同で情報を共有している情報機関の情報のこと。クレジットカードやカードローンの利用履歴が事細かに掲載されています。もちろん、 債務整理をした場合、その事実も掲載されてしまうので、債務整理をした直後では、ほかのクレジットカードを申込んでも審査に通りません。 ですが、この個人信用情報は、約5年間の情報の保有期限があり、債務整理をしても5年経過すればクレジットカードが利用できる可能性が高いということになります。

 

「官報」とは、「自己破産」「個人(民事)再生」など、裁判所を利用した債務整理を行った場合に掲載される公的な新聞のようなもの。 この官報も情報の保有期限というものが設定されており、こちらは10年と長期間設定です。

 

「自己破産」「個人再生」の場合は、10年経過しないとクレジットカードの利用ができないということになります。