債務整理 ローン

MENU

債務整理 ローン

「債務整理」を行ったら、ローンは組めないのでしょうか?通常、「ローン」を組む場合、金融機関は「信用情報機関」というところに照会します。過去の返済履歴、借り入れ履歴が掲載されているので、確認をとるためです。その上で、収入状況などをあわせて審査するのです。

 

この信用情報機関はいくつかあり、それぞれに情報を保持している期間は異なります。期間はそれぞれで決められているのです。ほとんど5〜10年のようです。

 

信用情報機関の情報はあくまでも「参考にされるもの」。実際、ローン会社・金融機関によっては、自己破産や個人(民事)再生の情報があったとしてもローンを組める場合もあります。推測としかいえませんが、おおよそ5〜7年で新たなローンが組むことができるようです。

 

債務整理とローン関連の問題はセットで考える必要があります。プロにお願いして、詳しくチェックしてみましょう!

 

当然のことながら「債務整理」の記録が残っている場合、審査は厳しいものとなります。ほぼ通らないといって、過言ではないでしょう。
よく、「ブラックリストに載る」といいますが、それは、「信用情報機関」を照会すれば、状況がすべてわかる…といことなのです。実際、ブラックリストというものは存在しません。

 

しかし、以前、「債務整理」をした金融機関やカード会社の場合、再度の借り入れ・ローンは難しいことが多いようです。自己破産で免責になった○○銀行で、20年後に借り入れをしようとしたけれどできなかった…という話も、よく聞きます。

 

「次に」ローンを組む金融機関にもよるのでしょうが、5〜10年はなかなか厳しいということですね。。。

債務整理 住宅ローン

通常、多重債務を抱えている場合、家やマンション購入のために「住宅ローン」を組もう!!と考える方はいないと思います。…借金ふえますしね。。。「借金返済の目処が立たない状況に陥ったから」。

 

借金返済の目処が立たない状況に陥った方が、債権者に対して減額のお願いをするという意味で債務整理を行います。ただ、稀に、債務整理の手続きが終わり、返済を行っている間に住宅ローンを組み、住宅を購入したいと考える人もいるとききますが、これははっきり行って無謀なことですし、不可能です。

 

そもそも、なぜ、「債務整理」を行うのでしょう?

 

それは、上記のとおり、4つの手続き方法がありますが、どの手続きを利用したとしても、十分に金融業界に対する大きな信頼損失となっているのです。つまり、「債務整理」を利用した時点で、ローン全般に関して信用してもらえない状態だといえます。当然のことながら、住宅ローンを組むことはできません。同時に、借金の減額を受け入れた債権者に対し、「住宅ローンを組み、家やマンションを購入する」ということは、失礼にあたる行為になります。

 

では、債務整理を行う前に「住宅ローン」を組んでいた場合はどうなのでしょうか?

 

この場合は、債務整理の手続きの種類によってきます。

 

「個人(民事)再生」や「任意整理」を行う場合は、住宅ローンをそのまま継続する事が可能ですが、多くの借金で首が回らない状態であるという事は、当然、住宅ローンも支払えない状態にある事が十分に予想されます。債務整理では住宅ローンを減額させる事はできませんが、減額ではなくプランの見直しをすることはできます。支払い期間を長くする事で、月々の支払いを抑える事は可能なのです。