債務整理とは

MENU

債務整理とは

多重の債務(借金)を背負った企業、または個人が何らかの方法(手続き)で債務(借金)を整理し、再生にむけることを「債務整理」といいます。
「債務整理」の方法には、

 

・ 任意整理
・ 特定再生
・ 個人(民事)再生
・ 自己破産

 

の、4種類があります。

 

この手続きを行うことにより、借金額が減り、返済のめどがつくようになるのです。やはり、私たち一個人は素人ですし、「うまく事を解決したい」と考えるのならば、「法のプロ」にお願いする方が安心かつ確実ではないでしょうか。この「債務整理」は、すべてを諦めてしまう前に、検討していただきたい法的手段です。

知識があったり、ご自身で勉強をすれば、手続きを行っていくことも可能です。ですが、通常、弁護士や司法書士に相談し、手続きの依頼を行い、手続きをとってもらいます。相談は「無料」の事務所もありますが、手続き(処置)は有料となります。

 

ちなみに多重債務の条件により、「債務整理」の選択肢は変わってきます。いずれの方法を選択した場合でも、メリット・デメリットがありますが、現在の状況が改善されることは間違いありません。まず、無料で相談にのってくれる弁護士や、司法書士に相談をしてみましょう。

債務整理 自己破産

「債務整理」とは債務(借金)を整理する方法のことを総称して呼びます。
借金の整理方法が債務整理なのですが、その方法は5種類あります

 

+++ 債務整理の種類 +++
・ 任意整理
・ 特定調停
・ 民事再生
・ 自己破産

 

こ4つの種類の方法は、それぞれ内容も特徴も異なります。この記事では、「自己破産」のことについて、書かせていただきます。

 

「自己破産」という言葉はよく聞きますが、実際、どういうことなのでしょうか?

 

「自己破産」とは、裁判所に「破産申立書」を提出し「免責許可」というものをもらいます。結果、すべての借金をなしにするという手続きになります。
免責が許可されると、税金などを除く、すべての債務(借金)を支払う必要はなくなります。

 

家族が保証人になっていない限り、家族に迷惑がかかることはありませんし、また、家族がローンを組む際に悪影響がでることもありません。
しかし、お手持ちの一定以上の財産は、換金し、債権者に配当されることになります。裁判所で定める基準を超えない財産(たとえば20万円以下の預貯金など)は手元に残すことができます。

自己破産 デメリット

債務整理の一つである自己破産をする場合、借金を返済せずにすべてが片付いてしまう一方、デメリットも多くあります。

 

自己破産によるデメリット

・ ブラックリストに記載されるため、借入が7年間できない
・ (破産者の)住所氏名が、「官報」という国が発行する機関紙に掲載されてしまう
・ 保険の外交員、警備会社の警備員など一部就けない職業がある
  (破産開始決定を受けてから、免責決定を受けるまでの間)

 

自己破産をしても戸籍に破産者であることが記載されるわけではありませんし、年金受給権や選挙権がなくなるわけではありません。

 

就職先が制限されたり、借入が7年制限されたりと、不具合が多々でてくるのも現実ですが、メリット・デメリットをよく考えた上で、プロの法律家に相談してみましょう。